当院における主な検査

1、レントゲン検査 (虫歯有無 歯周病有無 その他の異常)

 

2、SMT唾液検査(6項目)

A.虫歯のなりやすさ

①虫歯菌の多さ   虫歯菌が多ければ当然虫歯になりやすくなります。

②唾液の酸性度  唾液の酸性度が高いとエナメル質を溶かし虫歯のもととなります。

③唾液の緩衝能  食品からの酸を中和する唾液の能力で、これが弱いと酸の影響を強く受けて虫歯になりやすくなります。

B.歯周病の程度

①白血球数 ②タンパク質   炎症があれば歯ぐきからのこれらの成分が多くなります。

C、口臭簡易検

 アンモニア測定  口臭の簡易的な検査です。この検査で陽性の場合は精密検査(オーラルクロマ)を行います。

下図のように6項目のグラフで表します。

image1.jpeg

 

3. 歯周病一般検査 

歯周ポケットの深さ、歯ぐきからの出血、歯の動揺部の特定、程度

 

4.位相差顕微鏡 (細菌の肉眼的観察)

image2.jpeg

 

5.歯周病原因菌酵素活性測定キット(アドチェック)

歯周病原菌性の活動性の強さを測定します。

image3.png

  1. Porphyromonas gingivalis
  2. Tannerella forsythia
  3. Treponema denticola

 

6.口臭精密検査 (オーラルクロマ)

image4.png

  1. 硫化水素 (口の中の汚れによる臭い)
  2. メチルメルカプタン (歯周病菌による古い細胞が分解されることによって発生する臭い)
  3. ジメチルサルファイド(食べ物や胃腸の悪い場合、飲んでいる薬やサプリメントによる臭い

 

image5.jpg

上のようにグラフで数値化されます。