感染対策 

コロナの流行により感染対策が問題となっていますが、唾液や血液と接触の多い歯科医院においてもコロナに限らず最重点事項となっております。当院の感染対策は世界的標準感染対策である標準予防策(スタンダードプリコーション)を順守しております。

具体的には患者さん1人ごとの滅菌器具の使用、タービンの交換、手指接触部のカバーと交換、使い捨て器具の使用などです。廃棄可能な器具はできるだけディスポーザブル、つまり使い捨てにしています。廃棄できない器具はすべて高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)やオイルライザーなどの数種類の消毒機器で滅菌・消毒処理をしております。また必要に応じて薬液による消毒も完璧に行っています。

今般それらに加え、新型コロナ対策として、治療イスの患者ごとの消毒と清拭、診療室のドアノブの消毒液での清拭、換気、消毒用薬物の空気中の噴霧、空気清浄機の使用などを行っております。
当院院長は院内感染対策に早くから取り組み、厚生労働省および日本歯科医師会の感染対策委員長として日本全国の歯科医師会で講演を行っています。また、大学や専門学校などでも講義を担当しており、さらに県外の歯科医院からの感染対策手順の見学も受け入れております。 

 未滅菌未消毒の器具機材を他の患者様に使用することは絶対に有りませんので、安心して治療をお受けください。 

感染対策関連の著書も多数出版しています。

 

 

20190704_222650_re.jpg