誤嚥性肺炎とは

goennsei.jpeg

日本人の死亡原因3位に位置する肺炎は、死亡する人の9割以上が高齢者です。

 高齢者が発症する肺炎は「誤嚥性肺炎」が多いことが知られています。また、がんの患者さんでも手術、抗がん剤、放射線などの治療により、免疫が落ちているため、誤嚥性肺炎が起こりやすくなっています。
 

 のどには、空気の通り道である「気管」と、食べ物の通り道である「食道」があります。食べ物がのどに入ってくると、通常は気管が閉じられ食道から胃に食物が入ります。しかし高齢者や寝たきりの方などではこれがうまくいかず誤って気管のほうに食べ物が入ってしまうことが発生します。そうすると、食べ物や唾液と共に口腔細菌が気管や肺に入り込み、炎症を起こしてしまいます。これが、誤嚥性肺炎の原因です。

また、細菌が含まれた唾液を知らないうちに誤嚥している場合や、寝ている間に胃液などが逆流して気管に入り込んでしまったときにも起こります。
 常日ごろから口腔内を清潔にし、お口の中の細菌を減らすようにしておくことが重要です。
 定期的な歯石、歯垢の除去のための定期検診をお勧めします。
寝たきりなどで通院が難しい患者さんには訪問診療いたします。
口腔ケアをしている介護施設と、していない施設では、口腔ケアをしている施設のほうが有意に発熱や肺炎の発生率が低いことが報告されています。