Ⅳ、義歯

義歯を作る際に重要なことは、各々異なっている患者様のあごの形にいかに義歯の内面を精密に適合させるかということです。そのためにはかみ合わせの位置の診断や、正確な型取りが必要となります。長い間適合の悪い入れ歯を使っていたり、その入れ歯すら入れてなかった場合は本来のかみ合わせの位置がくるってしまっている場合もあります。そのため食べ物を咬むのに大変苦労をしている方も多くみられます。

これを元に戻すためにはレントゲン検査、口腔診査、技工士との密な連携などが必要となります。また義歯が大きくなるほど顔貌に影響するため、入れ歯の形、大きさ、歯の形や色などにも細心の注意が必要です。最近では入れ歯のバネを無くし、自然に見えるよう工夫されたものも人気となっています。

入れ歯の種類・材質

① レジン床義歯(保険適用)
歯ぐきに接触する部分がレジンというプラスチックで作られた入れ歯です。
食物の温かさや冷たさを感じる熱伝導がややが悪くなります。
強度的に厚く、大きめに作るため話しづらかったり違和感があったりという欠点があります。
しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用できるといったメリットがあります。

② ノンクラスプデンチャー (ピタッチ君)
・弾力がある素材で歯の下までぴったりと合わせることができるため外れにくく、痛みが少ないです。
・非常に軽くて、柔らかく、普通の入れ歯と比較して違和感が少ないのが特徴です。
・きれいで壊れることが少ないのも長所と言えます。
・ノンクラスプデンチャーは金具のバネを使わず、 入れ歯を装着しているかどうかわからないため、 最近多くの患者さんが希望するようになりました。

1200-.jpg

1200-.jpg

③金属床
歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
・体との適合性が優れている
・温度の伝導性が良く味覚を損なわない
・汚れが付着しにくい
・比重が小さいため軽く丈夫である
・薄く細く、義歯の理想的な設計ができる